太りたくないな

私の中にある感情を

いつのまにか閉じ込めるようになった

怖かった

苦しかった、、不安だった

こんな気持ちになるなんて

思っても観なかった

泣きそうだったし泣いたし

それでも時間は進んでいくし

誰に話してもきっと

一蹴されてしまうだろう

悲しくて悲しくて

なにもできない自分

やりきれない

惨め

小さいプライド

きっと怒りや寂しさを忘れるために

食べてたんだと思うけど

全然解決できない

ワタシは誰か聞いてくれる人がほしい

うんうんっていって

わかってくれるひと

[つまり、これはこうなんだね]

って

言葉にできない気持ちを

私の気持ちを

表現してほしい

苦しい

ワタシは苦しみのなかにいる

表現できない

わからないのぐちゃぐちゃなの

もうやめたいの

食べてなかったことにしたくない

感じたい

文章にしたい

できなくても下手くそでもいいから

言葉にしたい

なかったことには絶対したくない

先生がいってた

[あなたたちはなにも考えていないんじゃなくて、言葉を知らないから表せないだけなの]

この言葉に救われた

そうなんだ

知らないだけなのか

だから私は本をたくさんよみたい

できるだけたくさんの本を読んで

自分の気持ちを自分で理解できるようになりたい

間違ってるのかな

わたしは人とかかわると

絶対に、言葉に詰まってしまう

なぜなんだろう

きっと、表せないんだとおもう

悲しくて苦しい

話すことはきっと

人間の特権であり

快楽でもあるのに。

わたしは人間なのに、それを知らない

クマや猿は苦しくないのかな